エリアマネジメントスクール?

エリアマネジメントスクールというものが森ビルをやめて起業した人間が始めるようだ。 確かにエリアマネジメントを企画立案して運営するための専門的技能というのはあるように思う。 ただし、スクールまで必要なのかというのは、今ひとつよく分からない。 あるとすれば、様々なエリアマネジメント団体のイベントの企画などに直接参加する機会を設けるようなサービスだろう。 金を払って働いて、エリアマネジメントの…

続きを読む

生協が日本のエリアマネジメントの原点

エリアマネジメントの担い手がいつも問題になる。 企業が行うようなもの、企業が集まる社団的なものは特に好きに取り組めばいいだろう。 だが、一般の消費者が取り組むには、消費者だけに生協がベストだと思う。 なぜなら、地域を限定した組織だからだ。 消費生活協同組合法 (昭和二十三年法律第二百号) 施行日: 平成二十八年五月二十九日 low gov.より、 http://elaws.e…

続きを読む

エリアマネジメントとフリーライダー問題

フリーライダーが問題になるのは「公共財」についてです。 公共財というのは、「私的財」に対立するものとして説明されるものです。 しかし、これではあまりに大雑把です。 財にはもう少し種類があります。 これを見てお気づきのように、エリアマネジメントで提供されるサービスというのは決して公共財ではないのです。 コモンとかクラブという性格のモノ。 つまり、自治会活動と何ら変わらないの…

続きを読む

フリーライダーの前提は公共財は個々が完全にサービスを利用できるという仮定にある

エリアマネジメントでよく問題とされるのがフリーライダー問題。 これは、ただ乗り問題のこと。 公共財では典型だが、例えば道路という公共財であれば、誰もが完全に利用ができる。 料金も徴収しない以上は、タダで使えるということだ。 タダで使えなくするには料金を取り、ゲートを作るということをする必要がある。 それができないから公共財ということでもある。 そして、公共財をどれだけ供給すればいいの…

続きを読む