HQM、Home Quality Markという評価もある

ホーム・クオリティ・マークというものがある。
これは日本語にすれば住宅品質マークといったところだろう。
https://www.homequalitymark.com/filelibrary/HQM--December-2015-.pdf
2015年版。
新築住宅のための品質表示で自発的に取り組まれるものであり、消費者目線のもの。
イギリスや世界で使われることを想定している。
イギリスのBREという研究所で開発されたもの。
項目は、
・出費を抑える
・メンテナンス費用を抑える
・維持経費が安い
・良い立地
・気候変動に対応する
という点を評価するもの。
評価は5つ星を最高ランクとして評価される。 BREのBREEAMの一つとして定められたもの。
消費者が新築の家を購入したり、借りたりするときに、維持費の面やエコフットプリントの観点などから信頼できるマークとして利用できるもの。
住宅供給側は自らの住宅の性能を正確に測り、伝えることができるツールとなる。
公共セクターや民間の土地所有者等は住宅の建設において重要なポイントを設計や施工などの各段階で確認することができる。
住宅は人生の50%の時間を家の中、また、その周りで過ごすものであり、人生で最大の大きな支出をするものである。従って、私たちの健康やよりよく生きるための大きな要素である。
HQMは住宅の性能を幅広くとらえて表示するものである。
HQMで評価をして示すのは、
1 住宅の性能と質を示すことができる
2 一般的な規制を上回るものが作られている
3 規制ではカバーされない災害リスクなどに対応がなされてきている
住宅があるからです。
5つ星評価は今の時代において最高のレベルであることを示します。
3つの分野の評価をすることとしており、生活コスト、健康、エコロジカルフットプリントという分野からなる指標となっています。

どちらかと言えば建物の評価が中心だが立地などについても評価項目があり、これらはエリアの価値を測る際に住宅系であれば参考になるだろう。

この記事へのコメント