エリアマネジメントとはコンセプトに基づく街づくり-「公式と実例で学ぶ街づくり」

公式と実例で学ぶ街づくり―街の見方、とらえ方、つくり方 (不動産プロ養成講座) 単行本 – 2014/3/1
吉野 伸 (著)
単行本 ¥4,180

という本をたまたま目にした。
この本が語るのはコンセプトが大切だということ。
著者の吉野伸氏は不動産のプロ。
街づくりは地権者の意見をアンケートでくみ上げて進めるべしという、ごく当たり前だが、都市計画屋さんにはあまり見られないことをストレートに書いている良著だ。
交通計画ばかりが都市計画とされている日本。
そうしたことに対して、不動産の理屈から街づくりを進めようというもの。
繰り返し、コンセプト、が出てくる。

これは、まさにエリアマネジメントのことだ。
なお、この著書ではエリアマネジメントという言葉は一切出てこないのだが・・・
おすすめの本です。
街づくりは不動産価値を上げるもの。
エリアマネジメントとはまさにそういうことなのです。

この記事へのコメント